生キャラメルのおいしいバリエーション

subpage-img

キャラメルは、砂糖と牛乳に生クリームを加えて煮詰め、その後冷やして固めた飴菓子です。砂糖の代わりに水飴を用いる場合や、生クリームの代わりにバターを使う場合もあります。



煮詰める時の温度は、通常130度です。


一方、生キャラメルはキャラメルよりも生クリームやバターの分量が多く、煮詰める際の温度も若干低い100度前後です。そのため、キャラメルよりも柔らかい食感になります。

気軽にYOMIURI ONLINEについての情報です。

ただし常温では溶けやすいため、長期の保存には向きません。


冷蔵庫保存で、およそ20日から3か月が賞味期限となっています。

起源としては、2006年に北海道にある乳牛メーカーのノースプレインファームが開発した商品が最初です。
以後、電子レンジを使って家庭で手軽に生キャラメルを作るレシピをはじめ、塩バター風味やチョコレート味、抹茶生キャラメルなどのバリエーションが生まれました。

生クリームの代用としてピーナッツバターで作ることができ、牛乳の代わりに豆乳で作ったものは、美容と健康に良いとされるイソフラボンが含まれるため、健康志向の人々に好まれています。

脂肪分の少ないスキムミルクを使って、人工甘味料を使用すれば、カロリー低めの生キャラメルができます。



また、ポップコーンに生キャラメルをからめたり、ロールパンの中に入れたりすることも可能です。その他、ホットミルクやカフェオレに溶かして飲む、トーストに塗る、アイスに混ぜるといった食べ方も人気があります。

top