生キャラメルの美味しさの秘密は動物性乳脂肪分だった

subpage-img

子供や大人、誰もがその甘くてとろけるような舌触りに魅了されるキャラメル。

子供にとってはおやつとして栄養補給になり、大人にとっては疲れた身体や脳のエネルギー源になります。そんなキャラメルですが、特に人気があるのは生キャラメルです。

これはただ甘いだけではなくコクと旨味がぎっしりと詰まった、とてもリッチな味わいのするキャラメルです。


バターと砂糖を煮詰め、牛乳を加えて作られるのが通常のキャラメルですが、牛乳の代わりに動物性乳脂肪分たっぷりの生クリームを使う事で、柔らかく口溶けの良い生キャラメルになります。

もちろん通常のキャラメルも十分美味しいですが、この生クリームの乳脂肪分が入った生キャラメルの風味の良さは大きいものです。



生クリームのコクは乳脂肪のパーセンテージで決まります。

脂肪分の比率が高いものほどバターに近くなり、それだけコクや風味が豊かになります。

市販されている生キャラメルはメーカーによって独自の配合で作られていますので、それぞれのキャラメルにはコクの違いがあります。

色々なものを食べ比べてみても楽しいですし、自分で手作りする事も出来ます。
バターと砂糖を火にかけて煮溶かし、生クリームを少しずつ入れて馴染ませて更に煮詰め、バットに流し入れて冷やし固めるだけです。
ここで大事なのは、植物性ではなく動物性脂肪分の高い生クリームを使用する事です。

goo ニュースサポートと断言できます。

滑らかで口溶けの良い物を作るには、生クリームの脂肪分が必要なので、そこはしっかりと意識して作りましょう。

慣れたら、チョコレートなどを混ぜてチョコキャラメルにするのも面白いですし、色々と変化をつける事が出来るのは手作りならではと言えます。



様々なトッピングで、自分だけのオリジナルな生キャラメルを作って楽しんでみましょう。

top