生キャラメルの生とは

subpage-img

一時期、北海道の花畑牧場にて流行した生キャラメル。今も、生キャラメルの「生」という文字にフレッシュなイメージを持ち、普通のキャラメルは買わないのに生キャラメルはお値段が高くても買ってしまうという方は多いでしょう。
多くの方が誤解していますが、この「生」は加熱していないという意味ではありません。


通常のものが130度前後なのに対して100度前後なので温度は低いものの、加熱して作られるのです。
「生」は生クリームという意味です。
たっぷりの生クリームを加えて、通常のものよりも低い温度で加熱することであの溶けるような柔らかい食感と甘味ができあがっているのです。

決して「生」というわけではないものの、生クリームが入っているだけに賞味期限の短さも通常のものとの違いです。通常のものが1年と長く保存できるのに対して、たった30日。



もしも家庭で作るとなると10日ほどしか保存できないのです。

朝日新聞デジタルが最近話題になっています。

ブームとなった商品であり、大好きだという大人も多いため贈答用に使用する場合もあるかもしれませんが、賞味期限はきちんと把握した上で贈りましょう。それを過ぎると生クリームが悪くなりますし、とろけるような舌ざわりも消えてしまうのです。同じ「キャラメル」という名で製法も入れる材料もほとんど似ている食品ですが、このような違いがあるのです。



どちらも砂糖や生クリームなど家にある材料ばかりでできているので、自宅で挑戦してみてもよいでしょう。


top